ちょっと長めのツイート

その程度に思って読んでってください

「おもしろい話をして!」

 

 

 

    何よりも嫌いな無茶ぶりだ。

 

 

 

    「この世には二種類の〜」の定型句で言えば、話がおもしろい人と、話し方がおもしろい人がいると考えている。話がおもしろい人ってのも語弊があって、おもしろい話を持っている人ってのが多分正しい。

 

 

    おもしろい話を持っている人はそこらじゅうにいる。生きていれば何度だって衝撃体験に出逢う(出遭う?)。それを持ち寄って各々いくらかずつ話していけば、1飲み会分くらいの尺はあるだろう。

    しかし頻繁に会っているとネタも尽きる。過去の話を掘り下げても過去の話は増えないし、こんなご時世あまり未来のことは考えたくない。

    だから、そんなときでもスキャットマンのようにベラベラと話し続けられる人が重宝される。「話し方がおもしろい人」 周りにどれくらいいるだろうか。友達の少ない21年の生涯、片手で数えられるくらいの人しか思いつかない。

 

 

    あとで思い返すとホントにくだらなくて何で笑ってたのか不思議に思うことすらある。あるいはその人が話していた爆笑必至の話も、人づてに聞くとそうでもなかったり。

    でも確かに爆笑していた。中村仁美アナが「満点大笑いです!」って言ってくれそうなくらい大笑いしていた。砂塵を砂金に見せるような特異な技術がそこにはあった。

    冒頭の無茶ぶりにも対応してくれる、飲み会をやるなら「とりあえず呼んでおく人」 彼もそんな人だった。その特異な技術をちっとも盗めやしなかったけど。

 

 

   当然おもしろい話し方なんてできないオタクだが、身の振り方は考えている。

   報告精神旺盛だから、ちょっとおもしろいことがあるとすぐにTwitterで言ってしまう。相応にふぁぼを貰えてそれで満たされるからいいんだけど、飲み会なんかになると困ってしまう。「その話Twitterで見た」 アド街じゃないんだから。

   身から出た錆とはいえ、おもしろいと思った持ちネタを放出しきってしまって「おもしろい話を持っている人」にもなれない、その結果「聞き専」に落ち着く。

 

 

   おもしろい話をする、で始まった話題がいつの間にか聞き専で閉じているのだ。180度転回している。やっぱり僕におもしろい話はできないらしい。

    そう自覚があるならお口ミッフィーで聞き専に回った方が場のためであろう。それに、愚行を犯すよりはよっぽどマシだ。友達の少ない21年の生涯で片手で数えられるくらいにはいた、つまらない話を延々と続ける人、そうなるよりは。