ちょっと長めのツイート

その程度に思って読んでってください

2016movies

 

 

    「108円で2時間ほど暇を潰せる」ことに気づいてしまったこともあって、2016年は映画の年になった。それでも総数でいえば20本程度だが、積極的に映画を観る人間ではなかった私からすればえらいことである。

 

 

    今年のベストはなんだろうとTwitterにあげたものを振り返ってみたが、案外さっくり決まった。

 

f:id:prooooove:20170530075340j:image

 

    パプリカだ。
    見る聴く感じる三方良しの合法ドラッグ思い焦がれ追い続けた夢の世界への憧れ、もとい執着。「夢の中で入れ替わってる~?」ではすまされない、人間の精神のもっともっと奥深く極限の世界を体感するような一本だった。

 

 

今年公開の映画だったら?

 

f:id:prooooove:20170530075405j:image

 

    シン・ゴジラ。ただのパニックムービーに留めなかったところは好き嫌いをわけたけど私は大好きだった。政治ドラマを交えることでより緊迫感が伝わったと思う。そして何より倒し方。ネタバレは防ぎたいが、化学が役に立ってくれたので本当に嬉しかった。
    ちなみに「ただのパニックムービー」としてのゴジラも今年きちんと見ている。

 

f:id:prooooove:20170530075417j:image

 

    ケン・ワタナベ出演の2014年版ゴジラ。さすがアメリカのパニックムービー。これが期待してたゴジラだよ!とウキウキで見ていたが、終わってみればシン・ゴジラの方が自分好みであった。

その他今年のあたりを留めておく。

 

f:id:prooooove:20170530075431j:image

 

    私の少女。始めてしっかり見た韓国映画。閉鎖的なド田舎に飛ばされたエリート警察の女性(右)と、養父に虐待を受ける14歳の子ども(左)の2人の絆を描く。差別虐待に対し当時14歳の少女が演じる。作中幾度となく見せる死んだ目には震え上がった。これは本当にオススメ。
(しかしペ・ドゥナ(右)美しいな……)

 

 f:id:prooooove:20170530075435j:image

 

    エリカ様~~~が堪能出来るヘルタースケルターとーにかく美しい。風景も構図もエリカ様もみんな美しい美の奴隷。女性はぜひ一度見て。注目はエリカ様が吸う煙草「ソブラニーカクテル」、めっちゃ綺麗。監督はAERAの表紙撮影でも有名な蜷川実花彼女らしい色使いが随所に見られてそれも素敵。とにかく素敵だから。

 

f:id:prooooove:20170530075458j:image

 

   ムカデ人間1は実はすごく好き。あれは「人間3人を(医学的にきちんと)繋げてみたい」というマッドドクターの、あまりにも純粋な狂気に魅せられる。汚さはあるけど実によくできたサスペンスホラーになってる。
これは違う。クソ。本当にクソ。狂気を描くって点ではよくできてるけど、この世で一番見たくない狂気。クソ。

 

    あとは覚えている限り名前だけ列挙。

ドントブリーズ、ヴィクトリア、ヒメアノール、アイスピットオンユアグレイブ2、マーターズ、アメリカンハンバーガー、八日目の蟬、アンチクライストたまこラブストーリー、マニアック、harmony、パラノーマル・アクティビティ君の名は。

 

 

    来年も楽しい映画ライフにしていきたいと思います。

 

 

※2016年12月29日のnoteを一部修正