ちょっと長めのツイート

その程度に思って読んでってください

必携の緊張

 

◆「これを恋と呼んでいたらキリがないな」と思うようになった。でもそれは、大人になった証ではないんだよな。

 

◆研究室の先輩の女性が、気さくな方で話していてとても楽しい。一つ上ながら私はタメ口混じりで話しかけているし、向こうもそれを気にせず応じてくる。何というか、母校の人と同じ匂いがする。

    飲み会で酔うと距離が近くなったりね、そういう人なんですよ。高校生の頃だったら間違いなく落ちてましたね、恋に。だって阿呆だったから。段違いの勘違いにドキドキしてたでしょう。

    (この人です)

 

◆小中高大と共学だったからか、異性と接することは何とかできる。それでもいまだに心のどこかでちょっと照れるというか。照れか?

    やっぱり異性は「異性」というだけで別の意識が湧くんですよ、性欲とも愛欲ともつかない緊張みたいなのが。その先輩に対してはこの緊張が露骨に顕著で、このもどかしさを、漫画だったら恋とか愛とかと呼ぶのだろうなどと思ったりします。

    しかし最近気づきました。これは恋ではないな。それは異性と接する上で必携の緊張であって、こういうのを恋と呼んでいたら、キリがないな。

 

◆みんなこれにもっと早くに気づいたの!? すごいね!! 私は二十歳になるまで気づかなかったよ……。 恋愛経験が年齢に伴ってないオタクはこれだからダメ。

    やっぱりどう足掻いたって他人の、しかも異性の心根なんて掴みきれんのやし。半歩引いて接するくらいが人と人とにちょうどいい距離なんだろうな。

    でも「これは大人になった証ではない!」とはっきり言わないといけない。あくまでガキから脱出しただけで、やっと半人前。その先には、じゃあ本当に好きってなんなのみたいな話になってくるから。


◆この考えは間違ってはないけど、この考えに固執したらそれはそれで、どの女性に対しても違う違うこれは違う……ってなってしまいかねない。阿呆なオタクは0か1かの考えしかできないから。

    ちなみに先輩には彼氏がいます。もしいなかったら、もしかしたら、この考えに至れず同じ過ちを繰り返していたかもしれないね。オタク、怖いね……。

    先日、ある男とサシ飲みするつもりで声をかけたら、最終的にカップル×2と彼氏持ち×1と私みたいな飲み会になって、延々幸せを聞かされる回になってしまった……。 久しぶりにこれで締めよう。恋がしてえ。