ちょっと長めのツイート

その程度に思って読んでってください

「拗らせ」 ←読めますか

 

◆「あの、報告があります」やりてえ~~~。

 

◆自分にも恋愛感情は多分にあるので、他を差し置いてでもこの人と、の気持ちがわからないはずはない。はずはないのだが、でも最近、ことに百合の世界にどっぷりずっぷり浸かりこんでいたりすると、一線を超えた愛って一体なんなのみたいな雑音がぐるぐると巡る。

   漫画か何かでひとつぐっさりきたセリフもあった。『あれは童貞の性欲からきてるだけだよ』 みたいな。若い過ちだ。自分にもそんな記憶が、無い訳でもない。

 

◆私の周りにはあんまり相手を取っかえ引っ変えしてるような人はいなくて(そういう人にも会ってみたいけど)、一途な人が多いように思える。反面で長く関係が続くと思うところが多々でてくるようで、ネウロが謎を食らうように私はそんな話ばかり好んで食べる。それはもう性格というか、読売新聞の『人生案内』のコーナーが好きな中学生だったから、今さら変わりようもないのである。

    清濁併せ呑んでの恋愛だからこそ美しい。人間の持つ『めんどくささ』をお互いに理解しあうのって本当に素敵。だのに、そういう所業を乗り越えてなおLoveは移ろうんだから、いやなんというか、すげえよ。

 

◆中高生の頃は、今もTwitter 4P漫画で流れてくるような、恋人同士の甘ったるいつつきあいに憧れていた。今でも憧れるけど、自分の好きなタイプの人って絶対そんなことするような人じゃない。どっちかっていうと「ん、」って言ったら「ん。」で通じるような熟年夫婦みたいな応答に羨望がある。やっぱ歳とったからか? うっすら結婚の文字が見えてくるからか?

    いやあ拗らせ。「拗」って漢検1級レベルだって。5分に1回くらい言われてるんだけど。『おたくくんさあ……拗らせすぎ』

    てへんに「幼い」なんてよくできてるよなあ。頭の中で幼さ(あるいは童貞臭さ)をパン生地みたいにこねくり回してる様子がありありと浮かぶ。

 

◆「彼女がほしい」って迂闊に言えなくなった。その一言のバックグラウンドを考え始める自分が惨めになる。本当に彼女がほしいの? 都合よく自分を励ましてくれて、ときに情事に到れるような人がほしいだけなんじゃないの? 「あの、報告があります」ってやりたいだけじゃないの???

    どうしてその人だったの、って聞いてもみんな「わかんない」って言うしなあ。「推しが尊かったから」とかいう人もいたな、あれはホントに得心がいった。

     皆々様末永くお幸せに。最近インターネットは暗い話ばかりなので、愛しあう人達の絆されだけが癒しです。明るい話、いつか自分から持ち込まないとな。