ちょっと長めのツイート

その程度に思って読んでってください

沖縄顛末 2日目

 

 

★二日目

 

 

 二日目、朝八時ごろに起床。

 

 「食いたいものがある」という寝癖おじさんに案内されて向かったのは「丸一食品 塩屋店」

 いなりとチキンが2つずつ入って400円くらいでした。

 

f:id:prooooove:20170922234038j:plain

 

 チキンがね、ガーリックが効いてパリッパリでめちゃめちゃうまいんですよ。そしていなりね。僕が普段みるものよりお揚げの色が薄いんだけど、さっぱりした味わいでチキンにすごく合う。これはなかなかいいコンボ。

 

 

 駐車場内で朝飯を食べ終えた後、本旅行のメインともいえるような場所へと向かいます。快調に車を飛ばしてたどりついたのは「古宇利島」です。

 

f:id:prooooove:20170922234753j:plain

 

 海がめちゃくちゃきれい。

 僕が知ってる海(八月の頭にいった勝浦とか)って青の色味がもっと深いんですけど、それよりもずっと薄く淡い水色、クリアブルーなんです。まるで琉球ガラスのようです。

 寝癖のおじさんはひとしきりばしゃばしゃ遊んでましたが僕は濡れるのがやだったんで足を浸す程度にして写真撮ってました。

 

f:id:prooooove:20170922235529j:plain

 

 ほんときれい、心が洗われる。空の青色ともマッチしていい景色です。

 

 

 古宇利島というとガイドブックなどで有名なのは本土から島へと架かる橋です。

 

f:id:prooooove:20170922235801j:plain

 

f:id:prooooove:20170922235834j:plain

 

 寝癖初登場やんけ。

 雑誌のような写真は撮れなかったけど、本土から車で渡れる利便性に加えてこのきれいな海の上を渡っていける気持ちよさといったらもう。最高でした。

 

 

 昼食も古宇利島でとりました。「海の家 YOSHIKA」にて海鮮丼を!

 

f:id:prooooove:20170923000417j:plain

 

 こんなん美味しいに決まってるでしょ。美味しいんですよ。

 海ぶどう(海藻の一種)初めて食べたんですけど残念ながらこれは僕にはあまり合わなかった。そればかりは好みだから仕方ないとして、切り身やマグロのすり身は最高でしたね。

 

 

 古宇利島を出て次に向かったのは「万座毛」という崖っぷち。

 

f:id:prooooove:20170923000916j:plain

 

 海を一望できる切り立った崖という景勝地。その迫力はまさに圧巻ですね。

 ちょうど僕が行く数日前に友人がここに着ていたので似たような構図の写真を選びました。ええ、似たような構図を。

 

 

 次に美浜にある「アメリカンビレッジ」へ。アメリカンな風貌の街並みを再現したショッピングモールです。

 

f:id:prooooove:20170923001400j:plain

 

 いろんな店を見てまわったんですが、ここではA&W同様沖縄でチェーン展開している有名アイス店「BLUE SEAL」へ。

 

f:id:prooooove:20170923001530j:plain

 

 紅芋ソフトです。+50円でワッフルコーンにしてもらいました。

 濃厚な紅芋の風味がたまらんですね。砕いたワッフルの隙間からこぼれるアイスで手がべとべとになってたまらんですね……。すごく美味しかったです。

 

 

 そういえば沖縄に来たのにまだあれを食べていないじゃないか。アメリカンレッジを出て僕たちは那覇そば 那覇亭」に行きました。沖縄そばです。

 

f:id:prooooove:20170923002148j:plain

 

 とんこつ系スープのこってり味。上に乗っている肉は三枚肉(豚のあばら骨周囲の肉だそうです)。とっろとろに煮込まれていて最高にうまい。

 

 

 宿についてもまだ終わりません。せっかく夜なんですから飲みに出歩きましょう。国際通りに激近な宿でほんとによかった。向かったのは国際通りから一本横道に入ったところにある国際通り屋台村」

 

f:id:prooooove:20170923002617j:plain

 

 ほんとに極狭な店が20軒ほど軒を連ねる情緒あふれる屋台村です。この日は三軒はしごしました。僕もオリオンビールのフリーなんかを飲めたりしたのでよかったです。

 

 

 これにて二日目が終了。振り返るとよく動きよく食べた一日で、この旅行で一番アクティブでした。というか一日に詰めすぎた気もする。

 僕は宿に帰って撃沈しましたが寝癖おじさんは宿に戻ってからも晩酌を続けたようで、それが後日響きます。それはまた後述。

 次は3日目です。