ちょっと長めのツイート

その程度に思って読んでってください

画面の向こう

 

 

    画面の向こう、という表現が好きだ。

 

 

    身の回りには画面で溢れている。テレビ、パソコン、スマートフォン。1日のほとんどをTwitterで溶かしている僕は、現実と画面どちらをより長く見つめているのかと聞かれると即座に返答できないところである。別に僕に限ったことじゃないと思うんだけど。

 

 

    カメラ好きな人がよく使っているハッシュタグ「#ファインダー越しの私の世界」というのがある。覗くとそこには素敵な世界が広がっていて、たまに癒されたいときによくタグ巡りをしたりする。

    ファインダーを覗いて見えるのはその人の眼に映るまでの世界だ。かつては僕も挑戦していたが、いつしか写真を撮らなくなってしまった。ファインダーを覗くよりも、画面を見つめている方が性に合った。画面を覗けば、現実には見えないものだって何でも見えてくるから。

 

 

    画面の向こうでは人生が広がっている。僕の知らない人生が、受信手段がなければ知り得なかったであろう誰かの今日の一日が手に取るようにわかる。こんなに面白いことはない。

    しかし今は送信過多の時代。興味のないことや知りたくないことまで知り得てしまう。有名人が死んだ。哀悼のツイートが次々と浮かび、連日連夜それなりの尺を取って伝えられているが、僕にしてみれば「とてもよく知っている赤の他人」だ。有名人である以上訃報がニュースになるのは仕方ないにせよ、連日連夜悲しみを押し付けられるとげんなりする。

    さておき、そうしていろんな人生を目にして自分の人生に変化を起こせるかどうかである。画面の向こうで繰り広げられるそれが自分の人生への刺激となればTwitterをやる意味もあろうに、今のところ何にも有効活用できていない。

 

 

    いつかの僕のクラスメイトが画面の向こうで楽しそうに音を奏でている。時を同じくして、そんな煌びやかを僕はベッドに寝転がって観ている。ひげをそらなくちゃとか、明日の準備しなくちゃとか、思うところすべて投げ捨てた怠慢がベッドに寝転がってその音色に聞き入っている。

    僕が遅れてるんじゃなくてみんなが先んじてるだけなんだと言い聞かせるのもそろそろ怖い。確かに頭の中では「Do it!!」おじさんが僕を励ましてくれているんだけど、おじさんはDo   it!!!しか言えないから何をすればいいのかまで教えてくれない。とり急ぎこうやってまたはてなを開いたけど、これがおじさんの言うitだっただろうか。

     何をするにも何を書くにも考えのまとまらないLONLEY NIGHTS。別に上手いこと言えてないし、とりあえず髭を剃ろうと思う。

     

    

    

「でも幸せならOKです」と言えるようになりたい

 

 

    アイドルの結婚報告で荒れに荒れたついったーは久々に地獄を見ているようで楽しかった。「裏切られた」「許さない」。憎悪であふれたいんたーねっとだったが、はたして僕はあまり深くアイドルを追ったことがないので、そうした言葉を呟いているファンの気持ちがイマイチわからなかったりする。

 

 

 

    かのアイドルグループが「恋愛禁止」を掲げているのはさしもの僕でも知っている。そして、そうしたルールのもとにいながらこれまで何人かの先輩たちがスキャンダルでセンテンススプリングな目に遭ったということもまぁ知ってはいる。つまるところアイドルとて人だ。でもそうした感情を持っていてくれた方が人らしさ愛らしさがあって可愛いと思う。恋なんて、とほざいてオタクのようにひねくれたアイドルの方が見たくない。

 

     もちろん、仮にもルールとして恋愛禁止を掲げているなかで、よりにもよって総選挙の壇上で結婚を報告するのは、アイドルとして以前に人として感性を疑ってしまう。ルールを守れない、場をわきまえないは「この人間とは仲良くできない理由ランキング」があれば必ず上位に食い込んでくるだろう。

    だからそうした点を指して彼女を批判するのは理解できるんだが、「裏切られた」とか「許さない」とか言ってる人たちを見ると、彼らがどういった気持ちで彼女を応援していたのか疑問に思ってしまう。

 

    先述の通り僕は本気で追っかけするほど入れ込んだアイドルがいない。アイドルというか芸能人全般でいない。ので、ファンとアイドルの関係性というのがどうにも掴めない。きっとそこに「応援する、以上の気持ち」があったことは確かなんだけど、それがどういう感情なのかよくわからない。

    しかしどうであれ、心根から彼女が純潔だと信じていたから出た言葉なのかと思うと、一歩引いたとこにいる自分としては不気味に思うところすらある。まして、積んだ金を引き合いに出して怒り狂ってる人を見るとさすがに哀れ惨めなと思ってしまう。そんなに純潔な美少女を望むならそれこそこちらの世界に来ればいいのに。こっちはいいぞ、恋愛もうんこもしない本物のアイドルだ。

 

 

    アホなことはさておき、偶像を追うのはリターンが大きいけれどリスクも大きいんだなというのを再確認させられた。

    そこで親指を下げて「裏切られた」と罵るか、親指を上げて「でも幸せならOKです」と祝福するか。あの男性のようになれたらいいなと思う夜であった。

 

 

     でもやっぱこんなことになるならきちんとリアルで恋愛したいし、僕も結婚報告して世間を騒がせたい所存である。「自虐ネタ男だって信じてたのに裏切られた!」と言わしめたら大勝利だ。恋がしてえ。

 

    

    

 

 

    

Today is the nightmare

 

 

    このところ夢にうなされている。それも、悪夢を見るよりもひどい苦しみだ。

 

 

    仲間由紀恵に壁ドンされた夢を見た。どうにも胸元の緩い服だったので、何とは言わない何かが見えたわけでそれはもう素敵な夢であった。かといって起きてみるとナニがどうなってたとか、そういうことはない。

    あるいは山手線のくせに快速の大崎行きに乗車する夢を見た。ぼんやりと覚えているのは窓の外の景色が明らかに見覚えのない景色で、次駅表示には「美田」という知らない名前が書かれていた。調べてみたが鉄道で「美田」という駅はないらしい。不思議な話だ。

 

 

    とはいえ夢などとは不可思議なものなので、仲間由紀恵に壁ドンされようが山手線が快速で知らない駅に向かっていようが、なんだ夢かで終わる話である。

    しかしだ。不可思議珍妙なだけの夢なら見過ごせたものを、最近はただ首を締めてくるだけの夢ばかり見る。どうも僕は僕に彼女を作らせようと必死なのである。

 

 

    最初にその夢を見たのは4月29日のことだ。僕は知らない女性に告白された。なぜか僕は働いていて、その女性は同僚のようだった。僕は少しだけ悩んだのちにOKした。そこで目が覚めた。見慣れた白天井が視界に入ったときの絶望といったら、小峠が100人いても叫びたりない。「なんて日だ!」

 

    しかし能天気な阿呆は幸せなことで、昨朝ついに「彼女がいる」夢を見た。もういるのだ。過程もくそもないのだ。ただ残念なことに、何も思いだせない。その彼女と海にいるところまでは覚えているんだが、何をしていたか、彼女の顔さえも全く思い出せない。こともあろうに「彼女がいる」「海で遊んでる」という事実だけ(事実ではないけど)心に引っかからせて映像を記憶に残さないまま夢は終わりやがった。この絶望がわかるだろうか?ここまでくると事実捏造の妄想癖・虚言癖に近しい。

 

 

 f:id:prooooove:20170608232357j:image

    おかげさまでネタにはなったし多くの人から同情憐憫の♡をいただけたのでよしとするが、さすがに心が張り裂けそうだ。

    僕はどうしても僕に彼女を作らせたいらしい。フロイト先生の出番もないほど分析が簡単な深層心理だ。なんだか高校生のころより焦っているような気もするのは、近頃まわりで幸せそうな人が多いからだろうか。大黒摩季の声がする。「きっと夏は来る」

 

 

    目を覚ましたときの絶望は悪夢を見たときの比ではない。二次元のお嫁さんだって電源をいれればそこにいるのに、夢の中の彼女はもう二度と会えない。僕は目を覚ましてしまった。二度と会えない君を探して、悪夢のような今日を生きる。

 

京都顛末 市街地編

 

 

    市バス。四条高倉で下車。行き先は錦市場

 

f:id:prooooove:20170530083608j:image

  

    どうでもいいけど四条高倉って四条貴音みたいだよね。

    わらび餅を頬張りながら市場を闊歩。チョコレートコロッケをTwitterのネタのために買うか買わないかで5分くらい悩んだ。2月だというのに修学旅行生もいて、彼らは普通のコロッケを買っていた。その調子で真っ当に生きてほしい。

    結局わらび餅だけでお腹もふくれ、気づけば市場の端に到達。これ以上の行き先を何も予定していなかった。そこで何も考えずに市バスに乗車。そのバスの行き先から目的地を決めた。

  

    鴨川

 

f:id:prooooove:20170530083722j:image

 

f:id:prooooove:20170530083726j:image 

 

    でかい川はいいね。雄大で荘厳で最高だ。高田馬場の近くの神田川と比べるとね、羨ましい限りです。鴨川等間隔の法則は見られなかったけど、飛び石を楽しそうに越えていく高校生カップルがいて身も心もやられました。俺は一人で何をしているんだ。

   

    せっかくなんで京大にも行ってきました。

 

f:id:prooooove:20170530083826j:image

 

    ここが日本の頭脳かぁとか言いながら天才たちの吐いた二酸化炭素を吸ってきました。少し頭がよくなった気がします。

 

    最後に祇園の町を。

 

f:id:prooooove:20170530083858j:image

 

    舞妓はぁぁぁぁんもおった。ゆうても町を歩く舞妓はんも着物着てる人も大半は観光客だって偉い人が言ってた。着物を着たい観光客と、着物を着た京の女性を見たい観光客と、その両者から金を取りたい商人。三方良し。win-win-winの関係。

   

 

   寺院巡りだけで一日済ませないで良かったなぁとしみじみ思う。バスで行けるほど小さな範囲に伝統や自然、頭脳が凝縮されている素敵な町でした。

 

 

※2017年2月14日のnoteを一部修正

京都顛末 寺院編

 

 

    京都に行ってきました。

 

f:id:prooooove:20170530080100j:image

 

     実に中学校修学旅行以来の京都。右寄りのエスカレーター、はんなり京ことば、6年前深く味わえなかった異文化に感動するとともに、修学旅行から6年も経ってしまったという事実に衝撃を受ける。まだ京都駅に着いただけだというのに。

 

    京都駅構内。

 

f:id:prooooove:20170530080150j:image

 

    目的はこの特設ステージ。休日などは演目がやられているようだが、この日は月曜日ともあって何も行われていなかった。このステージは「響け!ユーフォニアム」に登場している。聖地巡礼である。キモ・オタクである。

 

    左を向くとちらっと京都タワーも見えた。

 

f:id:prooooove:20170530080232j:image

 

     その後「市バス・京都バス一日乗車券」を購入。

 

f:id:prooooove:20170530080317j:image

 

   500円で一日乗り放題。大人初乗り200円くらいだから3回乗車で元取れるしかなりお得。
    これを使って市バスに乗車、まずは清水寺清水道」で下車後坂道を登ると、見覚えのある光景が現れた。清水寺へと続くお土産屋通り。6年前うちの中学校の生徒で埋め尽くされたあの道を、まさか成人して1人で歩くことになるとは……。
    心が成長していないので、中学生のように西尾で試食の八ツ橋をバクバク食べて(ちゃんと商品も買いました)先へ進んだ。

 

    清水の舞台。

 

f:id:prooooove:20170530080437j:image

 

    絶賛工事中であった。黄色がよく映える。
参拝客が揃いも揃って「なんやあいつ」であった。

 

    市バス。次は三十三間堂

 

f:id:prooooove:20170530080512j:image

 

    

    千手観音像が立ち並ぶあの荘厳な風景をもう一度見たいという強い思いがあった。落ち着いた風格を持つ京都でここと金閣寺だけは非常に視覚に暴力的で力強い。そういうとこに惹かれてしまう。ぜひ行ってほしい。圧倒されてくれ。

    本当は金閣寺にも行って圧倒的暴力を感じたかったが、場所的に断念した。結局寺院は清水寺三十三間堂の二つだけとベタなコースとなったが満々満足である。

 

 

※2017年2月14日のnoteを一部修正

2016movies

 

 

    「108円で2時間ほど暇を潰せる」ことに気づいてしまったこともあって、2016年は映画の年になった。それでも総数でいえば20本程度だが、積極的に映画を観る人間ではなかった私からすればえらいことである。

 

 

    今年のベストはなんだろうとTwitterにあげたものを振り返ってみたが、案外さっくり決まった。

 

f:id:prooooove:20170530075340j:image

 

    パプリカだ。
    見る聴く感じる三方良しの合法ドラッグ思い焦がれ追い続けた夢の世界への憧れ、もとい執着。「夢の中で入れ替わってる~?」ではすまされない、人間の精神のもっともっと奥深く極限の世界を体感するような一本だった。

 

 

今年公開の映画だったら?

 

f:id:prooooove:20170530075405j:image

 

    シン・ゴジラ。ただのパニックムービーに留めなかったところは好き嫌いをわけたけど私は大好きだった。政治ドラマを交えることでより緊迫感が伝わったと思う。そして何より倒し方。ネタバレは防ぎたいが、化学が役に立ってくれたので本当に嬉しかった。
    ちなみに「ただのパニックムービー」としてのゴジラも今年きちんと見ている。

 

f:id:prooooove:20170530075417j:image

 

    ケン・ワタナベ出演の2014年版ゴジラ。さすがアメリカのパニックムービー。これが期待してたゴジラだよ!とウキウキで見ていたが、終わってみればシン・ゴジラの方が自分好みであった。

その他今年のあたりを留めておく。

 

f:id:prooooove:20170530075431j:image

 

    私の少女。始めてしっかり見た韓国映画。閉鎖的なド田舎に飛ばされたエリート警察の女性(右)と、養父に虐待を受ける14歳の子ども(左)の2人の絆を描く。差別虐待に対し当時14歳の少女が演じる。作中幾度となく見せる死んだ目には震え上がった。これは本当にオススメ。
(しかしペ・ドゥナ(右)美しいな……)

 

 f:id:prooooove:20170530075435j:image

 

    エリカ様~~~が堪能出来るヘルタースケルターとーにかく美しい。風景も構図もエリカ様もみんな美しい美の奴隷。女性はぜひ一度見て。注目はエリカ様が吸う煙草「ソブラニーカクテル」、めっちゃ綺麗。監督はAERAの表紙撮影でも有名な蜷川実花彼女らしい色使いが随所に見られてそれも素敵。とにかく素敵だから。

 

f:id:prooooove:20170530075458j:image

 

   ムカデ人間1は実はすごく好き。あれは「人間3人を(医学的にきちんと)繋げてみたい」というマッドドクターの、あまりにも純粋な狂気に魅せられる。汚さはあるけど実によくできたサスペンスホラーになってる。
これは違う。クソ。本当にクソ。狂気を描くって点ではよくできてるけど、この世で一番見たくない狂気。クソ。

 

    あとは覚えている限り名前だけ列挙。

ドントブリーズ、ヴィクトリア、ヒメアノール、アイスピットオンユアグレイブ2、マーターズ、アメリカンハンバーガー、八日目の蟬、アンチクライストたまこラブストーリー、マニアック、harmony、パラノーマル・アクティビティ君の名は。

 

 

    来年も楽しい映画ライフにしていきたいと思います。

 

 

※2016年12月29日のnoteを一部修正

 

テンカウント

 

 

    テレビの前で年越しをするのが当たり前の人間だった。両親と妹と卓を囲み、各々ドリンクを用意してその時を待つ。決まって我が家は妹の采配によりジャニーズカウントダウンを視聴する。一年に一度だけ放映されるテンカウントを合図にグラスを鳴らす。それが20年続いた私の年越しだった。

 

 

    今年は様子が違った。朝からバイトに出かけ、その足で友達と合流し、外で蕎麦を食べ、外で年を越した。神社に並ぶ人たちの色めきざわめきが今年の年越しの合図だった。何の神を祀っているのかもわからぬ神社の賽銭箱に五円を投げては、頭の中で飽和する願い望み祈りなんかを「今年もよろしくお願いします」の言葉の内に込めて弾丸のように打ち放った。

    暗闇に唯一光るコンビニは誘蛾灯のようで、だだっ広い駐車場に集う若者の風景は田舎の夜そのものだった。友人たちが酒を買っている合間に、2017年の一本目を咥えた。意識は亡霊のように12月31日を彷徨っていた。さしづめ「ぼくのふゆやすみ」だろうか、どうにも致命的なバグのように年明けを探し続けている。

    cheのロゴが火に消えいこうとしていたので火を消し、スマホを開いた。TLには、紅白歌合戦で魅せたガッキーの可愛さに悶える声とあけおめの言葉で溢れかえっていた。若者達はコンビニの駐車場で記念撮影、遠くの方で初嘔吐をする男性の姿。普段ならありもしない光景が、そこかしこに広がっていたことにようやく気づいた。

 

 

    友人たちが酒を携え帰ってきた。彼らが帰ってくる前にバグを修正できてよかった。「こんなところでなんだけど」の掛け声とともに、新年を祝う乾杯をした。アルミ缶のぶつかり合う心もとない音が、年明けの合図になったようだ。

 

 

※2017年1月1日のnoteを一部加筆修正